会津で水回りリフォーム・トイレリフォーム・風呂リフォーム相談なら | 株式会社大橋工務店 | リフォームか建て替えかの判断基準

トップページ リフォームか建て替えかの判断基準

水回りリフォームやトイレリフォームを会津でお考えなら

リフォームか建て替えかの判断基準

会津でお風呂やトイレなど水回りリフォームならお任せください。

このページではリフォームか建て替えかの判断基準についてご案内いたします。リフォームを会津でお考えなら大橋工務店にお気軽にお問い合わせ下さい。

リフォームか建て替えかでお悩みの方も多いのではないでしょうか。実際に、建物や敷地の状態、間取りや住む人のライフプランによってどちらが適しているのかは大きく変わります。そこで判断の目安となるポイントをご紹介しますので参考になさってみて下さい。

リフォームと建て替えの違いについて

まずはリフォームと建て替えの違いについて理解しておくことが重要です。建て替えとは建物全てを取り壊して新しく建て直す事で、リフォームは基礎となる部分は残したうえで改修を行います。築年数が経った古い家であってもリフォームをすれば耐震補強をはじめ断熱性を上げる事も出来るため、新築同様の家に生まれ変わらせる事が可能です。

使える部分はどのくらい残っているか

築年数が経った家でも基礎や土台、柱や梁といった木材をそのまま使えるケースも少なくありません。また、腕の良い職人さんが建てた家であればリフォームで十分に間に合う場合もあるのです。しかし、基礎の劣化や沈下、腐食の傷みによっては補修にたくさんの費用がかかり、建て替えを選択しなければならない事もあります。よって、使える部分がどれだけ残っているのかが判断基準になりますので、まずは今の家の状態をしっかり把握する事が大切です。

土地や規約の規制がないか

現在住んでいる家が建った後に建築基準法や地域の条例が改正された事でリフォームが出来ないというケースもありますので、家が建っている土地に現在どのような規制がかかっているのかを事前に確認する必要があります。また、マンションは管理規約の確認も必要となります。

費用はどれだけかかるのか

リフォームよりも建て替えのほうが費用は高くなる事が多いですが、構造上の問題によってはリフォームでは対応が難しい場合や建て替えと変わらない費用がかかる場合があります。希望のプランを実現するためにも総費用を見積もっておく事は重要なポイントです。

会津でトイレやお風呂・キッチンなど水回りリフォームや内装リフォームのご相談は大橋工務店へ

上記のポイントはプロから見た判断も必要となってきます。その際には大橋工務店にお気軽にお問い合わせ下さい。大橋工務店は福島県会津にあるリフォーム店です。トイレやキッチンなどの水回りリフォームや内外装のリフォームなどリフォームの事ならぜひ、お任せ下さい。リフォーム後のアフターフォローもしっかりと行いますので安心してお任せ頂ければと思います。

会津でトイレ・風呂・耐震リフォームなら【株式会社大橋工務店】 概要

会社名 株式会社大橋工務店
所在地 〒967-0006 福島県南会津郡南会津町永田西俣110
電話番号 0241-62-1000
FAX 0241-62-3872
URL http://www.ohashi-k.net/
業務内容 新築住宅の建築 設計 施工、リフォーム全般。
説明 会津の工務店『株式会社大橋工務店』では、新築住宅の建築設計、施工や水回り・キッチントイレ・お風呂のリフォーム、耐震リフォームなどリフォーム全般を承っております。営業エリアは会津、白河を中心に県南・県中、栃木県那須近郊に対応しておりますので、お見積もりなどのご相談はお気軽にご連絡ください。

会津で水回り・トイレリフォームや耐震リフォームなら大橋工務店へ

コラム集|会津の工務店に新築やリフォームの相談をするなら【大橋工務店】

リフォームを計画する時のポイントリフォーム時期を見極めるサイン木造住宅の魅力耐震補強リフォームが必要な理由とは新築一戸建ての魅力リフォームか建て替えかの判断基準安心、安全な住まいづくり家族の健康は自然素材の家で守るリフォームに関する補助金在来軸組工法について
Copyright © 株式会社大橋工務店. All Rights Reserved.